FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Led Zeppelin

さてさて大御所の登場です。
もうハードロックといえばこの人たちを抜きにしては語れませんねぇ。
ロックのスタンダードとなった曲も多数。

移民の歌のリフって誰もがどこかで耳にしてるのでは?

でも僕の中で好きな曲はそんなメジャーどころとちょっと一線を画してます。

まずこの曲。
このギターリフとリズム隊との絡みによるグルーヴ感がたまりません。
う~ん、かっこいいねぇ~♪
こんな曲を作りたいねぇ。

Out on the Tiles

このバンドの魅力は何と言ってもジミーペイジの作り出すギターリフとロバートプラントのハイトーンボーカルでしょう。
僕の中ではギターリフがどうかというのは結構重要で、そんな基準で好きだったのはこの曲。
イントロのギターリフを聞くだけでゾクゾクしますねぇ。
そこにプラントのボーカルが囁くように導入し、そしていきなりリズム隊が入ってくる。
かっこいい~!

Celebration Day

そしてこの曲。
まずドラムから始まりますが、やはりギターリフが聞こえてきて「やったー!」って感じになります。
今から思うと、イントロがやたら長いですな。
イントロリフから一旦展開してからAにいき、Bにいったあとからようやく歌が始まるというなんとも変わったアレンジ。
でもアリ。
歌のバックでなるギターリフはやっぱりかっこいい。

The Rover


そして後期の曲で彼らを代表する1曲となったのがこれ。
10分にも及ぶ大作で、劇的に曲が変化していきます。
前述の3曲とはタイプが違う曲ですね。
印象的なリフが前面に出るわけではないんだけど、やはり耳に残る。
やっぱりかっこいいんですね。


Achilles Last Stand



最後に移民の歌を。
もうこのカッコよさは他の曲の追随を許しませんなぁ。

immigrant song




あらためて僕の聞いてきた音楽の多彩さってホントに幅広くて我ながら面白いと思いますね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAKE

  • Author:TAKE
  • 甲賀を拠点に活動するシンガーTAKEの日常を綴ります
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。